noie スタッフブログ

スタッフblog

noieのスタッフが更新!noieのイベント情報や、現在建築中のお客様のアイデア、
スタッフの仕事内容やプライベートまで色々更新しています☆

Writer

STAFF横森

ついに消費税アップ決定ですね!

By yokomori, 2018年10月15日

こんにちは♪

秋というより冬のようなどんよりとした空が嫌いな横森です(笑)

最近とても気になる話題が「消費税アップ!」

お客様の中にも

 

「気にしない派」

「気になる派」

両極に分かれています

今、、、消費税を気にするのか、しないのか

そこで大きく変わるのか??

 

住宅購入のタイミング!

ってやつです。。

まず、確認しておきたいのが、住宅購入をする際、土地代には消費税がかからないこと。

基本的に新築の建物部分に消費税がかかるということです。

通常、住宅を購入する際の消費税率は

引き渡し時点の税率が適用されますが、

今回の消費税引き上げに関しては税率が10%になる半年前、

2019年3月31日までに契約したものであれば、

引き渡し時期に関わらず消費税は8%のまま据え置かれる経過措置がとられます。

 

 

つまり2019年3月31日までに契約するか、

それ以降に契約したものでも2019年9月30日までに引き渡しを迎えれば、

消費税率は8%が適用されます。

すまい給付金という制度は??

 

住宅を取得する際は、消費税率の引き上げによる負担増を軽減するための制度、

「すまい給付金」についても事前にちゃんと確認しておきましょう。

2014年4月から2021年12月まで実施される制度で、

税率8%の現在は収入額の目安が510万円以下など一定の条件を満たしたかたが、

最大30万円の給付を受けられます。

消費税率が10%に上がった際は、

収入額の目安が775万円以下のかた、

最大50万円の給付などに条件の変更が行われる予定です。

そしてもう一つ!!住宅ローン減税って??

 

続いて住宅ローン減税について確認しておきましょう。

住宅取得のために住宅ローンを組んだ場合、諸条件を満たすと、

毎年末の残高の1%が所得税の額から(控除しきれない場合は住民税から)控除されるものですが、

こちらはすまい給付金とは異なり

2019年10月の消費税率引き上げ時も金額などの変更はありません。

 

最大控除額は年40万円×10年間=400万円です。

 

こういった制度を利用すると、消費税なんて、、と思うかもしれませんが

 

新築を購入すると思わぬところにお金がかかります

家具・家電の購入費用です

そこが10%と8%で大きく分かれます。

個人的に子供を持つ身としては、、、

やはり消費税なんて、、ただの罰金みたいなものだから

早めに建てたほうが良いのでは??

 

と思ってしまいます。

 

そんな中、消費税前にお家建てる人がたくさんいるnoieでは(笑)

おうち作りがあちこちで進んでいます(●^o^●)

 

先日の台風の時、不安で現場を回っていると

現場のシートをしっかりと止めてあり、こんなに!?と思うほど

しっかり現場管理されていて

感動してしまいました

 

現場はいつでも真剣勝負です

グローバルの現場すべてが「ものづくり」の真剣さを

しっかりと伝えてくれます

 

もし消費税で迷っているなら建てなくても大丈夫。

でも!もし消費税ばかばかしいから早く建てよ~と思う方は

ぜひわが社の家づくりを見ていってくださいね~

 

Category:資金計画 | Tag:

資料請求はこちら